2011年12月13日火曜日

与える愛




教会にお花の好きな婦人がいます。
(皆さんも好きですけれど特に...)

「お花が好きなんです。」と

いつもボランティアで教会にお花を飾ってくださいます。

写真はその方の用意してくださったお花です。




クリスマスの季節が近付くと

教会のイベントも増えて

楽しいけれど大忙し

毎年恒例になっているファミリー向けのクリスマスには
(先週の週末でした)

普段教会に来ていない方へも

大々的に開放して
(基本的にいつでもWelcomeですが
クリスマスの時季は訪れやすいのかな。)

ハンドベルや聖歌隊音楽、

ページェント、キャンドルサービスを含むコンサートに加え

美味しいクリスマスディナーを

おなかいっぱい食べていただく

(もちろんすべて無料!)

愛に満ちたプログラムがあります。


すべて教会の方のボランティアで成り立っているのですが

デイナーのときの丸テーブルのセンターピースとして

お花が飾られます。



1つアレンジするのだって大変なのに

20~30個のアレンジを

この一人の方が担ってくださっているのです。

 
そしてこの日のプログラムの終わりに

このお花の販売があり

売り上げはすべて日本復興の為の寄付として捧げられました。


お花に限らず

音楽を担当してくださった方々も

お料理を準備して下さった方々も

精一杯の与える愛で

プログラムを支えます。



私の担わせていただいた役割は

ほんの一部でしたが

感謝でした。



理解されたいと願うより 理解することを


許されたいと願うより 許すことを


受けることを求めるより 与えることを


愛されたいと願うより 愛することを


この日の牧師のメッセージより―――




人気ブログランキングへ←ランキングに参加しています。One ポチッ Please!

0 件のコメント:

コメントを投稿