2012年4月20日金曜日

レノ爺さんのトマトの植え方


まだ雨が降らないので耕せないのですが

レノ爺さんがトマトを植えるから
(写真の苗、1ケース24株入りを2ケースで48株)


見に来るか?

と声をかけていただいてました。

随分の量ですがこれはレノ爺さんにしてみたら趣味の範囲?

ここの他に大農場も別宅?も持っていて

そこはもう息子さんに任せているのだとか。


とにかく行かせていただきます。

が…。

集合時間が早すぎて…(朝7時)

子供をスクールに送ってから行きます…。(8時45分)


なんだか朝のバタバタしたまま畑に到着

すでに一列が植え終わってました。

もう一列やると言うので

見ていればいいのかと思ったら

レノ爺さんの指示に従って植えるのは私?

私はいいけど。。。

いいの?

まぁ 私だって出来る所を見せちゃおうかなぁ。。。

な~んてLala流?に植えたら

すぐに駄目出し

私が普段植えるよりかなり深くに植え込みます。

苗の一番下の葉っぱは、とって捨てるぐらい

すっぽり植えちゃうのです。

なんだか息苦しそうだなぁ。。。

でも まぁ

何とか植え終わった~と

ホッとするのもつかの間


植えたらまず「お水」?

。。。ではないのです!


植えてから一度もお水はあげないのですって!!

え~~!?

それで枯れないの?


私の父も畑が好きだから子供の頃から

トマトの植え付けも毎年身近に見ていたけど

全く違うやり方にびっくりです。

その土地にあった植え方ってあるんですね~。

で、

水をあげない代わりにやることは~


どうするのかと思ったら


たっぷりの「マルチ」をするんです。

一つの苗にリアカー一杯分ぐらい…。
植えるよりも大変な作業でした。






レノ爺さんがスタンバイして

マルチをならして行くので

私はリアカーでマルチを運ぶ役…。




ホークでバサッバサッとすくって

何回リアカーでマルチを運んだことか。。。

一列敷き終って

あと倍はとても出来ないよ~と思っている所に

助っ人登場!!

あ~天使に見える。






この畑の近所に住んでいると言う

Mrs.J

この方もレノ爺さんの野菜のファンで

たまに手伝いにくるとか。

とてもパワフルでどんどん捗ります♪

ついて行きます。お姉さま~と言った感じ


マルチが敷き終わって

そろそろお昼の時間

今日はこんなに本格的にやるつもりで来てないのです。

見学のつもりが~

こんなことならお弁当持って来れば良かったなぁ。。。

私は確かにレノ爺さんよりかなり若いですけどね。。。

体力は無いので

ヘロヘロですよ~。


しかし

まだ まだ作業は続きます。

(続きはまた明日)





ランキングに参加しています。
応援ありがとうございます♪

8 件のコメント:

  1. ようちゃんばあば2012年4月20日 7:13

    なるほどね~ずいぶん違いますね。
    トマトはイタリアの雨の少ない地方が原産なので 雨が当らないほうがよくて 日本でもハウスで育てたり 露地ならビニールの屋根をつけますよね。
    水を とことんやらないで 自分の力で実を甘く育てるのだそうです。
    最近園芸雑誌で見たのですが 根を枯らさないで力強く育てるために 苗を 縦にでなくて横に植えて 下から葉っぱ何段分かに 土をかけてやるのだそうです。
    葉の部分からそれぞれ 根を出して 強く土に根を張るということですね。
    そういうことからすると レノ爺さんが 深~く植え付けるのも同じことなのでしょうね。
    参考になりました。

    返信削除
  2. おはようございます。
    トマトって上手く育ったためしがないです。
    難しい野菜だと思っているのですが・・・。
    とにかくトマトは水や肥料を極端に少なくした方が美味しいのができるというのは聞いているのですがね。
    今まで赤くなってきたなぁと思った頃には、ひび割れたり落ちたりしちゃってました。なので最近は作ってないですね。
    レノ爺さん、元気溌剌ですね!
    助っ人のお姉さんもかっこいい!
    続き楽しみにしています。

    ↓のいちごソース、めちゃくちゃ美味しそうです。
    ブラウンシュガーをかけておくんですね。
    私もいつもジャムを作ろうとするのですが・・・お砂糖をまぶしておいたら水分が出てちょうどいいので、ジャムにするの辞めたりしてます(笑)

    返信削除
  3. 自然栽培や自然農と似ていますねー(^▽^)

    木村秋則さん方式では、畝を高く盛ってトマトを寝かせて
    植えます。

    トマトの生まれた産地は乾いたアンデス地方のものだそうです。
    じゃがいもも。


    自然農では刈った雑草を敷いてマルチにしますが・・・大量のマルチですね・・・

    レノ爺さん。なんだかファンになってしまいそう・・・

    続きも楽しみです♪

    返信削除
  4. こんにちは!
    トマトの植えつけにこんなに手間が掛かるなんてビックリです!
    トマトは荒れ地でも育つって聞いた事があるけど、1度も水をあげないなんてネ(゜o゜)
    植えた時だけでもあげたくなっちゃうのを我慢しないといけないのね*
    まだ続きが?!

    返信削除
  5. ようちゃんばあばさん

    訪問、コメントもありがとうございます。
    植えたトマトに水をあげないと不安になります。(笑)
    水をあげないといっても雨は降りますからね。その年のお天気任せと言うことになりますね。
    深く植える すっぽり!その上マルチもするので見た感じでは大丈夫かなぁって思っちゃいますが~横に植えるというのもびっくりですね。これから成長の様子もレポートしていきますね。
    レノ爺さんが選んだトマトが何トマトか苗を見ただけではわかりませんがイタリア地方の細長いトマト(ローマ)も美味しいですよね~♪

    返信削除
  6. cocorokkさん

    訪問、コメントもありがとうございます。
    トマトなかなか奥が深いです。
    沢山水をやって肥料もいっぱいやれば美味しいトマトが出来るとは限らないのですね~。家のキッチンガーデンで育ててるトマトはとにかく枯らさないようにと水を沢山あげてましたがあげるのをやめてみようと思います。
    レノ爺さんは元気元気!美味しい野菜をいつも食べているからでしょうかね~。
    Mrs.J この方はとてもはっきりとレノ爺さんにも口答え?するのでやり取りがおもしろいです。随分助けられました。
    苺のソース この自然と出た水分がまた美味しいのですよね♪

    返信削除
  7. MASAYOさん

    訪問、コメントもありがとうございます。
    トマトを寝かせて植える ようちゃんちゃんばあばさんもその植え方をご存知でした。(↑にコメントされてます。)
    確かにトマトはとても大きくなるから根の部分もしっかりと大きく育てたいと言うことですかね。成長の様子も楽しみです。
    マルチ これでもか~と言うくらいします。(笑)これなら草も生えてこないし土もフカフカのままですね。
    自分でキッチンガーデンに植えていたものは実がなる頃むき出しの土はガチガチになっていたと思います。
    レノ爺さんにはファンが沢山いるようです。
    野菜新聞?にも何度も登場する有名人のようです。いろんな人が出入りしてます。
    私は紹介されたばかりでただ変わったお爺さんだなぁと思っていましたが(笑)すごい方かもしれません。

    返信削除
  8. miyuki#さん

    訪問、コメントもありがとうございます。
    トマト毎年狭いキッチンガーデンに植えていてそれなりに収穫もあったのでそれで満足してました。
    が、今まで野菜(トマト)について少しは知っているつもりでいたけどまるでわかっていなかったことに気付きました~。(汗)畑の奥義を教えてもらえるなんて私にはもったいないことです。

    返信削除