2013年7月26日金曜日

保存食について Preservative

These are the bottles that I boiling sterilization.
 
煮沸消毒したビンです。
 
今日はミニトマトを使ったソース(ジャム)を作ったので紹介します。
 
の、前に。。。
 
先週、市民農園が主催するガーデンクラスがあって
 
それのタイトルが「Canning class」
 
ジャムとかピクルスとか保存食の為のクラスに参加してきました。
 
クラスの場所も今回はガーデンの敷地内ではなく
 
シティーフォール(公民館?)だったので
 
てっきりクッキングクラスかと勘違いして参加したら
 
かなり真面目な講義?みたいなクラスでした。。。(汗)
 
近所の大学(The University of Georgia)の教授が講師で
 
「Food Storage for Safety and Quality」
 
どうやったら安全で品質の良い保存食ができるのかがテーマでした。
 
なので話はレシピには殆んど触れず
 
「殺菌」について、「保存法」についてが主でした。
 
ちまたに出回っている簡単なやり方には間違いや危険が潜んでいる
 
菌についての怖い話とか(笑)
 
食中毒の種類や食中毒になったらどうしたらいいのか とかね…。
 
お腹を壊す程度なら?まだいいけど
 
命に関わる事態が起きる場合もあるとか。
 
講義で配られたプリントや内容は
 
大学の許可無くコピーしたり一般に公開しないでください。
 
とか言われちゃったので詳しく書くのはひかえますが
 
自家製の保存食で食中毒なんて悲劇が起きない為にも
 
簡単な方法に頼らず、
 
使うビンや器具などはしっかりお鍋で煮沸消毒することをお勧めします。
 
今まで大丈夫でも
 
次に大丈夫かはわかんないですよ~。(え?脅し?笑)
 
 
 
さて、
 
ではミニトマト イチゴ ソース
 
 
Make a sweet source using this tomato.

ミニトマト これね~。前にも記事にしたけど

ブラックチェリーかと思って育てていたけど何だか違った新種の?ミニトマト

葉っぱが病気になっちゃったから撤収したもの。

もう少しするとブラックチェリーの名残みたいに

半分だけ黒っぽくなるんだけどこれはまだ若い感じかな。

これは味も今一「パッ」としなくて

子供たちも食べてくれないので

ソース(ジャム)にしちゃおうと思います。

で、

美味しくないトマトをそのまま(ソース)ジャムにしても

美味しいのか?って疑問が残るので

それを補う為に
 
I added together also strawberry.
 
イチゴ狩りに行った後、冷凍していたイチゴと一緒に作ることに。
 
 
 Peeling the tomatoes so troublesome,
I use the blender.
 
ミニトマトの皮をむくのって小さいからちょっと面倒?
 
ブレンダーでガーとやっちゃった。
 
こういうとこではやはり手抜きのLala(笑)
 
後はイチゴと砂糖とレモンジュースを加えお鍋でコトコト煮詰めて。。。


Do not forget to also water bath canning.
 
なかなかいい色♪ ブラックチェリートマトって色よね。
 
イチゴのおかげだけど。。。(笑)
 
分量を参考程度に
(ミニトマト500g、イチゴ300g、砂糖250g、レモンジュース大さじ2)
 
ビンに入れたら完成~? じゃないよ!
 
ビンに詰めて蓋をしたら
 
もう一度お鍋で蓋を上にしたまま(ビンを立てたまま)
 
ビンがすっかりかぶる水量で煮沸消毒して下さい。
 
(圧力鍋ならビンの高さの1/3ぐらいの水量でOK.)
 
手抜きのLalaは今までやったこと無かったけどね…汗
 
 
常温で冷ましながら蓋が「ぺクッ!」と言ったら成功です♪
 
 
 
何のこと?って思っている方
 
「脱気殺菌」です。
 
これをやることで保存期間が常温で半年~1年に伸びます。
 
(脱気殺菌していないのもは冷蔵庫で保存しても2週間以内に食べきるのがベター)
 
 
それに
 
「ぺクッ」を待っていて聞こえたときはかなり嬉しいですよ。
 
是非 「ぺクッ体験」して下さい。(笑)
 
 
 
 
 
ランキングに参加しています。
Link to rankings
応援ありがとうございます♪
I am participating in the blog ranking of Japan.
Thank you for your support.


2 件のコメント:

  1. こんばんはー♪
    私、免疫学研究所の研究員なのですけど、保存食の中に潜んでいる危険って、本当に恐ろしいものが多いので、殺菌は必ずしてくださいねー。
    一応、そういう抗体実験などもしていますが、実用化につながるのは、まだ先かなーという感じですので。
    トマトと苺でジャムなんて、考えましたねー。
    苺が入っていれば、子供は喜びますよね!
    最近苺ソースをアップルソースで作ってみたのですが、そちらもなかなかでした。砂糖の代わりに入れてみました。
    お子様たち、Lalaさんのジャムを沢山食べてくれると良いですね。

    返信削除
  2. なほこさん

    訪問、コメントもありがとうございます。
    なほこさんて研究員さんなんですね~。ステキ♪
    職場に畑があると聞いていたのでどんなお仕事してるのかなぁと思ってました。
    保存食の中に潜む危険。。。いろいろ知ってしまいました。(笑)怖いですね~。
    トマトとイチゴ♪ 以前トマトジャムを作ったことがあって、美味しいけどやっぱりなんか違うというかフルーツには敵わない感じだったのでイチゴも入れてみました。
    トマトだけよりなじみやすい味です♪子供達はカキ氷にかけるのが流行ってます。(笑)

    返信削除