2013年4月6日土曜日

手作りトレリス

 
 
植え替えを待っている「Peas」が
 
「つかまる所が欲しい~よ~。」と
 
細いツルを出し始めてます。
 
ごめん。ごめん。
 
キミのために良いこと思いついたんだけど
 
なかなか形に出来なくて。。。
 
もう 待てないよね。
 
 
と 言う事で~
 
Peasちゃんの為のトレリスを手作りします♪
 
 
 
 
棒を4本準備して(裏庭の木の枝)
 
上の部分を束ねて縛り
 
それを立てて下を広げて
 
 
 
 
モッコウバラのシュートで作ったリースを付ける♪ 
 
それだけ~
 
 
 
タラ~!
 
完成。
 
簡単だけど可愛いでしょ。
 
実は毎年モッコウバラのシュートでリースを作るんだけど
(その時の記事→
 
 
それが結構沢山になちゃって場所をとってたの…(汗)
 
何かいい使い道ないかなぁ~と考えてて。
 
 
 
 これ いいわ~。
 
 
 
 
 
Peasちゃん 
 
これにつかまって大きくなってね~。
 
 
 

ランキングに参加しています。
応援ありがとうございます。


6 件のコメント:

  1. ようちゃんばあば2013年4月6日 7:38

    おお~!かっこいいです。
    モッコウバラのリース 思わぬところで役目を与えられたものですね。
    うちでは その辺の山すそから細い竹を切ってきて たてよこに組み 地面から捕まらせるとことにはわらを縛って 上からたらします。
    いかにも日本ですね。
    そういえば 話は違うけど 日本では当たり前の 竹の編み棒や編み針 外国では珍しいそうですね。
    みのまわりにあるもので 工夫して道具ができるって おもしろいですよね。

    返信削除
  2. 裏庭にこのような枝があるのですか、
    なんとも羨ましい環境に住んでいらっしゃるのですね。
    これは単なるトレリスではなくなってますね。
    凄くお洒落!
    Lalaさんのセンス好きです。
    Lalaさんも好きです、<素敵な女性>

    返信削除
  3. ようちゃんばあばさん

    訪問、コメントもありがとうございます。
    モッコウバラのシュートは毎年ぐんぐん伸びるのでリースも沢山出来てしまうんですよ。良い使い道がみつかってよかったです。(笑)
    シノや竹が軽くて硬くて使いやすいですが、こちらではあまり生えてなくて…。(売ってはいますが)
    わらもこちらでは細切れ?になって売ってます。
    その国によっていろいろですよね。

    返信削除
  4. rui*さん

    訪問、コメントもありがとうございます。
    裏庭の百日紅(サルスベリ)の木の枝です。
    日本のサルスベリと少し違うかもしれませんが、毎年剪定する必要があるようです。でも大きくなりすぎて(届かないので)なかなか出来てません。。。今回も届く範囲で剪定した枝です。
    気に入っていただけたようで嬉しいです♪

    返信削除
  5. こんにちは。
    ううう、すごく素敵なトレリス♡
    私も欲しい!
    Lalaさんったら、本当にartisanですね。
    リースもぴったりサイズがあうだなんてすごすぎ!

    返信削除
  6. wilmslowさん

    訪問、コメントもありがとうございます。
    トレリス なかなか良いのが出来ました。(自賛。笑)
    バックヤードってあんまり人には見てもらえないけどブログで紹介できるから嬉しいです♪
    アートな暮らし♪楽しいですよ~。
    リース 上から通して止まった所で結んでいるだけでどんなサイズのリースでも出来ますよ♪(大きすぎなければ。笑)

    返信削除